川崎市国際交流センター/公益財団法人 川崎市国際交流協会

川崎市国際交流協会のご案内

概要

目的
公益財団法人 川崎市国際交流協会は、川崎市内の外国人や市民に対する内外の情報の提供及び川崎市の特性を生かした市民レベルでの国際交流活動を推進することにより、川崎市の一層の国際化を図り、国際相互理解の増進と国際友好親善に寄与し、多文化共生社会の実現をめざすことを目的として、設置されています。
設立
1989年(平成元年)8月25日
基本資産
3億円
決算期
毎年3月31日
主務官庁
神奈川県
市出資額
3億円 100%(2001年[平成13年]3月31日現在)

沿革

1989年(平成元年)
6月21日 財団法人設立発起人会開催
8月8日 神奈川県(国際交流課)へ設立許可申請
8月25日 設立許可(基本財産1億円)
9月2日 設立登記完了
9月25日 第1回理事会開催
10月1日 業務開始(事務所/川崎区東田町2−11)
1994年(平成6年)
10月12日 川崎市国際交流センター開設により、事務所をセンター内に移転
1996年(平成8年)
4月1日 市民局市民部国際室から総務局総務部国際交流課へ所管変更
1997年(平成9年)
4月1日 総務局秘書部交流推進課へ所管変更
2006年(平成18年)
4月1日 総務局総務部交流推進課へ所管変更
2011年(平成23年)
4月1日 川崎市国際交流センターの「指定管理者」の指定を共同事業体代表者として受けた
4月1日 総務局国際施策調整室へ所管変更

2012年(平成24年)

4月1日
公益財団法人の設立登記がなされた

組織

組織図

業務体系

  1. 諸外国の情報及び資料の収集並びに提供
  2. 市民レベルでの国際交流に関する事業
  3. 国際交流事業の調査及び研究
  4. 民間国際交流団体及びボランティアの育成
  5. 川崎市国際交流センター事業
    • 川崎市から「指定管理者」の指定を受け、2021年(令和3年)4月から5年間、株式会社東急コミュニティーと共同して管理運営を行っています。