日本語の最近のブログ記事

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。
年始め「お正月」の最初の日は「元旦(がんたん)」と呼ばれ、新年を祝うため の行事や慣習がたくさんあります。
元旦の朝に上る太陽を「初日の出」と呼び、山や海辺から拝む人も多くいます。 新しい年の神様をお迎えするため、年末に大掃除をし、年始には特別な飾りで家 を装飾します。玄関には竹と松で作られた二つの「門松」、藁でできた神聖な縄で神棚や家の入り口を守る「注連縄、そし て歳神様へのお供えの丸い餅 を重ねた「鏡餅」などです。
また、たくさんの人が神様に新年のご挨拶と、良い一年であることのお願いをし に神社に行きます。これは「初詣」と呼ばれています。
お正月のために、めでたい意味のある伝統食「おせち」を重箱に つめて三賀日に食べます。これは、いつも料理を作る人が正月 くらいはゆっく りして貰おうとの意図もあるそうです。また、正月に届くよう に、新年の挨拶状 「年賀状」を送り合う習慣もあります。
近代化で省略したり合理化が進んだりしながらも、「正月」の風習は1500年 余り続く伝統行事として今に受け継がれています。

川崎市国際交流センター2階の図書資料室にも関連の本がありますので、ご興味 ある方は是非おいで下さい。
https://www.kian.or.jp/len/kic/003.shtml

【年末年始】

日本では年末年始を大切な節目と考えています。「節目」とは「物事 の区切りとなる大事な所」を意味しますが、色々な事があった一年間を終わらせ て、心機一転新しい年を気持ちよく迎え、今年も良い年でありますようにと祈り ます。
新年の三賀日(1月1,2,3日)を一般的にお正月と呼びますが、年末12月29日からお正月の期間は医療機関が締まっているところが多いので事前に確認してお くと良いかもしれません。
多言語での川崎市医療情報記載リンクと、健康福祉局の電話番号を以下に添付し ます。
・医療情報
https://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000122139.html
・病院・医療のリンク集
https://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000040119.html
https://www.city.kawasaki.jp/shisetsu/category/34-9-0-0-0-0-0-0-0-0.html
・健康福祉局 保険医療政策室: Tel044-200-3742

何より健康第一で、皆様良い新年をお迎えください。

【師走】

今年も残すところ一ヶ月余りとなりました。
12月の日本古来の名前は、師走(しわす)と言います。師走の意味は一説には師匠であるお坊さんが年末のお経をあげるために、檀家さんの家々を走り回るからというものです。他には、普段は落ち着き払っている師(先生)でさえも走る程忙しい月という説もあります。それ程忙しい12月ですから、皆さんも健康に気を付けて今年最後の月をお過ごしください。

「May ii(メイアイ)」をご存知ですか?この秋にかわさきパラムーブメントの 一環として利用を促進している助け合いアプリです。
街の中で行き先がわからない、言葉がわからないなど困った時に、この「May ii(メイアイ)」を利用する事で助けてもらえます。「May ii」を使って助けて ほしいことを入力すると、近くにいる人にSOSが伝わりその場で出会うことがで きます。川崎市内では、川崎駅、武蔵小杉駅、武蔵溝ノ口駅、登戸駅、新百合ヶ 丘駅周辺で使用可能です。また、アプリは現在のところ日本語、英語、韓国語で の表示となっています。「May ii」で助け合い社会を実現しましょう!
くわしく は「May ii」のホームページで(English ver.)↓
https://mayii.jp/en/index.html
iPhone, iPadからダウンロード↓
https://apps.apple.com/jp/app/id1472700087
Androidからダウンロード↓
https://play.google.com/store/apps/details...

川崎市国際交流センターでは、11月29日(日)9時30分から災害時多言語支援セン ター設置訓練をします。災害時多言語支援センターは地震や台風などの大災害が 起きた時に、外国人を対象に情報を提供します。そして今回の訓練に参加して下 さる外 国人の方を募集しています。参加ご希望の方は是非センターにご連絡く ださい (tel.044-435-7000)。子供さん達も一緒に参加でき、食べ物のお土産も 付いてます!
自然災害の多い日本では、昔から「備えあれば憂いなし(普段から準備をしてお けば、いざというときも心配がない)」と,準備の大切さを説いてます。自然災 害の多い国に住んでいる事を忘れずに、一緒に備えて憂いのない安心を得ましょう!

これは日本で就職を考えている留学生を含む外国人に、就職活動の基礎知識や一連の流れ、マナー、面接などを理解し実践に役立てて頂く内容です。
自ら進んで学びたい方々の積極的な参加をお待ちします!
セミナー内容: 就職活動の基礎知識・就職活動の流れ・就職活動マナー
        就職面接の実践・就職活動 Q&A
日時:2020年11月28日(土)10:00〜12:00(無料・要予約)
場所:川崎市国際交流センター 2階 団体活動ルーム
対象:大学生、短大生、専門学生、高校生(各学校既卒者含む)
講師:方 貞華氏(宇賢教育学院院長)
費用:無料 定員:20名(先着順) 
申込締切日:2020年11月18日(水)
申込方法:電話またはEメールにて ☎044-435-7000 soudan39@kian.or.jp
主催 & お問い合わせ・お申し込み:川崎市国際交流センター
                (指定管理者:公益財団法人 川崎市国際交流協会)

日本では1月から12月に独自の名前がついています。たとえば今月10月は「神無月」といいますが、これは出雲国:現在の島根県の出雲大社という神社に日本中の神様が集まって一年のことを話合うため、出雲以外には神様がいなくなるためとも言われています。出雲では逆に神在月とも呼ばれます。

【お彼岸】

日本では昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、秋のお彼岸の頃には、夏の暑さも収まり涼しくなります。虫の音も響き、お月見の時期もこの頃です。お彼岸は春と秋の2回あり、3月の春分の日と9月秋分の日の前後3日間、合計7日間をお彼岸の期間とされています。
お彼岸は、自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教全般の伝統行事で、日本ではお彼岸にお墓参りに行く習慣があります。
お彼岸を待っていたかのように咲く花は彼岸花と言い、赤い可憐な花がこの時期に一斉に咲きますので、探してみてはいかがでしょう。
(彼岸花リンク:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒガンバナ

神奈川県の公立高校に進学するための説明や相談会。各言語の通訳スタッフがい ます。高校進学で将来の可能性を広げましょう!
【日時】 2020年10月17日(土) 14:00 ~ 16:00
【場所】 川崎市国際交流センター ホール
【内容】 高校進学する意義、高校選抜試験の制度など
【対象者】中学生(1~3年生)、保護者、支援者
【申込み・問い合わせ】川崎市国際交流協会 tel.044-435-7000

※入場無料、要申込! 行政書士による無料相談会もあります。

市営住宅に申し込みたいのに書き方 がわからない・・・そんな方に申込書に直接記入しながら書き方をお教えします。
(英, 中国, 韓国・朝鮮, ポルトガル, スペイン, タガログ, ベトナム, タイ, インドネシア, ネパール語の通訳がつきます)。
日時:9月12日(土)10:00-12:00
場所:川崎市国際交流センター
申込み:9月9日水曜 16:00までに電話,メール,来館で予約してください。
電話:044-455-8811 E-mail:soudan39@kian.or.jp