日本語の最近のブログ記事

皆さんがこのブログをお読みになるのは、Tokyo Olympic 2020が始まっている頃 と思います。57年振りの東京オリンピックがパンデミックの中で執り行われると は、ある意味歴史的な事かもしれないと沸き立つ一方で、気になるのは新型コロ ナワクチン接種ですね。
自治体によってスピードの差はありつつも、新型コロナ感染症予防接種の実施が 進んでいます。6月の接種開始時にもこのブログで触れましたが、あらためて最 新情報のリンクを以下にお知らせします。それぞれにワクチン接種についての多 角的な情報が掲載されていますので、お役に立てて頂ければと思います。

≪川崎市のホームページ≫
新型コロナワクチン接種の予約に関する情報
https://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000128703.html

≪川崎市接種予約電話多言語対応≫
電話番号: 0120-654-478 (8:30 -18:00 毎日)  
対応言語:英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語

≪川崎市新型コロナワクチン接種についてのお知らせ≫
https://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000126099.html?furigana=on 

≪厚生労働省 新型コロナワクチンについて≫
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

≪厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター≫
新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口を設置しています。
電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ 語・ベトナム語
受付時間:下記参照(土日・祝日も実施)
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語 9時~21時
タイ語:9時~18時
ベトナム語:10時~19時

≪首相官邸 新型コロナワクチンについて≫
https://japan.kantei.go.jp/ongoingtopics/vaccine.html

≪川崎市国際交流センター外国人相談窓口ワンストップセンター≫
接種予約のサポートや関連する相談なども実施しています
https://www.kian.or.jp/kic/soudan.shtml

引き続き感染予防策を講じながら、どうぞ安全にお過ごしください。

川崎市国際交流協会 外国人相談窓口ワンストップセンターでは、タイ語の相談員を募集しています。
詳しくは川崎市国際交流協会 電話:044-435-7000 多文化共生課 伊藤宛お電話を。
又は、下記ホームページをご覧ください。
https://www.kian.or.jp/topics/employ-shokutaku21-2.shtml

「ボッチャ」とはイタリア語で「ボール」を意味するヨーロッパ生まれのスポー ツで、1984年からパラリンピックの正式種目です。老若男女、障害のあるなしにかかわらず全ての人が一緒に楽しめます。
「ジャックボール」(目的球)と呼ばれる白いボールに赤・青それぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競うスポーツで、協会では8月にボッチャ大会を 企画しています。ぜひ一緒にボッチャを通しての国際交流を楽しみましょう!

日 時: 8月21日(土) 10時~12時  
会 場: 川崎市国際交流センターホール
対象者: 小学生以上のどなたでも国籍問わず
申込方法: 電話 044-455-8811  Email soudan39@kian.or.jp

ご連絡お待ちしています!

ステイホームが推奨されている中で、皆さんがご自宅や外出先からでもご利用し易いように、外国人窓口相談ワンストップセンターでは7月1日からZoomによるオンライン相談の受付を開始します。

ご希望の方は、ホームページにある申し込みフォームに希望日や時間、相談内容のポイントなどを記入してください。相談員が事前に相談内容を調べるなど、準 備ができるので、実りの多いオンライン相談が出来ると考えております。

オンライン相談申し込みフォームは7月1日から以下のページに掲載予定です
https://www.kian.or.jp/kic/soudan.shtml

六月の日本古来の名前は「水無月」と言いますが、これは「水の月」の意味で、「田に水を引く月」の意が語源とされる説があるようです。

水無月の梅雨の最中ですが、65歳以上の高齢者などを対象に新型コロナワクチン予防接種や接種予約がはじまっています。
年齢や健康状態などによって接種のタイミングが変わりますが、皆さんの所にもこれから接種予約券が順次送られてきますので、引き続き予防策を講じながらお待ちください。

以下のリンクから、川崎市の「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」サイトで情報を確認できます。
https://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000126099.html?furigana=on

接種予約電話は多言語でも対応しています。(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語)
電話番号:0120-654-478  8:30~18:00(毎日)

また、川崎市国際交流センター外国人相談窓口ワンストップセンターでもご質問を受付けています。
https://www.kian.or.jp/kic/soudan.shtml

≪お知らせ≫
ワンストップセンターでは、7月1日からZoomによるオンライン相談を始めます。詳細は次号でお知らせします。

市営住宅に申し込みたいのに書き方がわからない・・・そんな方に申込書に直接 記入しながら書き方をお教えします。
川崎市内に在住、または川崎市内に1年以上勤務している外国人市民が対象です。(英, 中国, 韓国・朝鮮, ポルトガル, スペイン, タガログ, ベトナム, タ イ, インドネシア, ネパール語の通訳がつきます)

  • 日時:6月12日(土)10:00-12:00
  • 場所:川崎市国際交流センター
  • 申込み〆切:6月9日(水) 16:30までに電話,メール又は来館で予約
  • 電話:044-455-8811
  • E-mail:soudan39@kian.or.jp
  • 持ち物:前年の収入を証明するもの(源泉徴収または課税証明書)

【皐月】

日本には「和暦」という7世紀頃から使われ始めたカレンダーがあり、 月ごとに名前がつけられています。 

5月は和暦名では「皐月」と言いますが、古来お米をつくる稲作が盛んな日本では、5月は田植えをする月であることから「早苗月(苗を田に植える月のこと)」と言われ、「さなえつき」が短くなって「さつき」と呼ばれるようになったという説があります。

英語では「Azaleaアゼリア」と呼ばれる「皐月つつじ」は5月(皐月)に開花することから、「つつじ」を省略して「さつき」とよばれています。

晩春から初夏の爽やかな街角を彩る、赤、白、ピンクの色鮮やかな「さつき」から元気を貰えそうですね。

【端午の節句】

4月末から5月初旬の祝日が集中する「ゴールデンウイーク」がやってきます。
5月5日は「端午の節句」と言い、現代では「こどもの日」と称されますが、昔から「男の子の健やかな成長を願う」行事とされ、3月3日の女の子の祭り「雛祭り 」と対とされています。 

「端午の節句」は奈良時代(8世紀)頃の宮廷で、季節の変わり目である端午の日に厄除けや健康に良いとされる菖蒲の葉を風呂に入れたり酒に浸して飲む風習や、病気や災厄をさけるための行事として始まりました。

その後、武士台頭の時代になると「尚武」の気風と「菖蒲」をかけて、祝うようになったのです。
この行事がやがて江戸時代中期に男の子の誕生と成長の祝いとして町人文化に浸透し、現代の「端午の節句」として受け継がれました。

ゴールデンウイークには、感染対策も兼ねて菖蒲湯でくつろぐのも良いかも知れませんね。

満開の桜の中で新年度が始まりましたね。そして、前号でもお知らせしたよう に、外国人相談窓口ワンストップセンターでも、いよいよ新しい窓口時間 (9am~5pm昼休みも対応)が始まりました。今年度からは、通訳電話機能も取り 入れましたので、希望言語の相談員が居ない曜日でも対応が可能となっています。

入学や就職、新学期、転居など、皆さんの新しい生活や普段の生活の中で、もし 困った事がありましたら、どうぞ電話やメール、窓口への来訪でご利用下さい。

新年度も11言語12人の相談員が皆さんのサポートを頑張ります!

気が付くともう随分と春めいて、関東地方では3月の終わりから4月初めが桜の満 開時期になりそうです。
川崎市内には様々な魅力をもった公園や緑地が多くありますが、桜が見事な場所を2か所ご紹介します。

二ケ領用水(多摩区・JR南武線「宿河原駅」から徒歩で約2分)
江戸時代に造られた歴史のある用水路。用水沿道には約400本の桜並木が約2km に渡って続きます。

麻生川(麻生区・小田急線「柿生駅」から徒歩で約3分)
川沿いに約250本の桜並木がピンク色のトンネルを織りなします。

昨年に引き続き、今年もコロナ禍でのお花見ですから、「お団子(桜の下での宴 会の意)」抜きの静かなお花見を楽しむのも乙ですね。


外国人相談窓口拡充のお知らせです!
2021年4月1日から 9am~5pm(昼休みも対応)で窓口相談を受け付けます。
11言語の相談員対応曜日はこれまで通りですが、相談員の居ない場合でも通訳電 話で対応可能です。お気軽にご利用ください。

川崎市国際交流協会 外国人相談窓口ワンストップセンターでは、タイ語の相談員を募集しています。
詳しくは川崎市国際交流協会 電話:044-435-7000 多文化共生課 伊藤宛お電話を。
又は、下記ホームページをご覧下さい。
https://www.kian.or.jp/topics/employ-shokutaku21-1.shtml

川崎市文化財団では、日本の伝統芸能の普及・発展へと繋がることを目的として、主催した事業の動画配信を行っています。現在は「能楽」(能・狂言)の現代語字幕・英語字幕・演目解説などの字幕付きの映像を用意していますので、ご自宅から気軽にご鑑賞下さい。
https://www.kbz.or.jp/movie/

「能楽」は13世紀の終わりころに原型ができ、14世紀以降武家の教養として発展する、日本最古の伝統芸能です。世界で最も歴史の長い舞台芸術として、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

「能楽」の多言語情報のリンクは、以下にをご覧ください。
https://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/noh/en/

川崎市文化財団では、日本の伝統芸能の普及・発展へと繋がることを目的とし
て、主催した事業の動画配信を行っています。現在は「能楽」(能・狂言)の現
代語字幕・英語字幕・演目解説などの字幕付きの映像を用意していますので、ご
自宅から気軽にご鑑賞下さい。
https://www.kbz.or.jp/movie/

「能楽」は13世紀の終わりころに原型ができ、14世紀以降武家の教養として発
展する、日本最古の伝統芸能です。世界で最も歴史の長い舞台芸術として、ユネ
スコ無形文化遺産にも登録されています。
「能楽」の多言語情報のリンクは、以下にをご覧ください。
https://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/noh/en/

【雛祭り】

3月3日は雛祭り、桃の節句とも言い、8世紀後半の平安時代から続く、女の子の 健やかな成長を祈る行事です。
この日は雛人形という平安時代の貴族の衣装を身に着けた人形と、桃の花を飾 り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などを楽しみます。
男の子の祭りは 5月5日の端午の節句といいます。これについては、後日ご紹 介します。

1月7日に政府から発出された緊急事態宣言ですが、感染者数と重症者数がまだ多いことから来月3月7日まで延長となりました。色々な面で生活に制限や負担が掛かり大変ですし、また、外国人の方々は母国のご家族も心配されているのではお察しします。
厳しい真冬の中でのこの状況は辛いですが、その一方で大自然は春の準備を着々と進めているようです。日照時間は毎日少しづつ長くなり、春の訪れを告げる梅の花も少しづつ咲き始めています。こうして、春が間もなく巡ってくることを思い出すと、少し心も和んできますね。
母国語でのご相談をお受けしています。川崎市国際交流センターのワンストップ外国人相談窓口にお電話ください。
℡044-455-8811 やさしい日本語を含む11言語の相談員がお待ちしています。