【日本独自(にほんどくじ)の月(つき)の名前(なまえ)】

日本では1月から12月に独自の名前がついています。たとえば今月(こんげつ)10月は「神無月(かんなづき)」といいますが、これは出雲国(いずものくに):現在(げんざい)の島根県(しまねけん)の出雲大社(いずもたいしゃ)という神社(じんじゃ)に日本中(にほんじゅう)の神様(かみさま)が集(あつ)まって一年(いちねん)のことを話(はなし)合うため、出雲以外いがい))には神様がいなくなるためとも言われています。出雲では逆(ぎゃく)に神在月(かみありづき)とも呼(よ)ばれます。