日本語による国際理解講座

お知らせ

11月20日(木)「日本語による国際理解講座」は講師の都合によりキャンセルとなりました。ご了承ください。

「世界の行事」毎回各国の様々な行事を通し、世界を知る講座

第1回:12月11日(木)19:00〜20:30
終了しました。
大野あずさ 氏
立教大学 非常勤講師、アメリカ先住民研究
「マイノリティたちのアメリカ」
多民族国家アメリカ。ネイティブ・アメリカン(アメリカ先住民)にとって、サンクスギビング(感謝祭・毎年11月の第4木曜日)とは?
マイノリティのユダヤ教徒やアフリカン・アメリカンが、クリスマスの時期(12月)に祝う独自の行事、ハヌカ(Hanukah)とは、クワンザ(Kwanzaa)とはどんなもの?
研究、調査のため、今春まで8年間をアメリカで過ごした講師に、写真や音楽を交えながらお話を伺います。
第2回:2009年1月22日(木)19:00〜20:30
終了しました。
全 美煕(ぜん みひ) 氏
当協会ハングル講師
「韓国の旧正月と冬の過ごし方 古(いにしえ)からの作法と慣習」
1月末に旧正月を迎える韓国。宮廷時代からの行事や食事、そして古くからの慣習に関するお話を聞きながら、様々な資料をご紹介していただきます。
第3回:2009年2月19日(木)19:00〜20:30
終了しました。
服部章子 & ケペル木村 氏
当協会ボランティア(服部章子 氏)、2008年浅草サンバ審査委員(ケペル木村 氏)
「本場ブラジルのサンバカーニバル」
2月はカーニバルの月。カーニバルと言えばブラジルのサンバ。日本でも各地で開催されるサンバパレードの元となった、本場ブラジルのサンバカーニバルについて、その起源やスタイルの変遷、カーニバル当日は実際に何が行われているのか、カーニバルを中心としたブラジルの1年を、映像や音楽満載でご紹介します。講師はブラジルへ移住した浅草サンバ・トップリーグ横浜サウージのメンバーと、2008年浅草で審査委員を務めたブラジル音楽ならなんでもござれの中南米音楽専門家です。
第4回:2009年3月19日(木)19:00〜20:30
終了しました。
ベルナット・アグリョー 氏
スペイン・カタルーニャ出身、東工大大学院生
「スペイン・カタルーニャの祭りと生活」
「スペイン・カタルーニャってどこ?」からサンジョルディの祭りやカステリェス(人間タワー)の祭りについてなど、カタルーニャづくしの2時間。
参加費:
各回500円(当日支払)
場所:
川崎市国際交流センター
  • 定員:各回40名(先着順)
  • 対象:16才以上
  • 申込:受付中(電話・FAX・Eメール・直接来館)
ウェブでお申込み
お問い合わせ・お申し込み:
財団法人 川崎市国際交流協会(担当:榊原)

FAX・Eメールによるお申込みの場合以下の事項をご明記ください。

  1. 希望日
  2. 氏名
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. メールアドレス
2008 日本語による国際理解講座チラシ第3回分
2008 日本語による国際理解講座チラシ第2回分
2008 日本語による国際理解講座チラシ

Copyright (c)2006-2013 Kawasaki International Center. All rights reserved.