地球市民講座

ゴミ山で生きる子どもたち

2009年2月28日(土)14:00〜15:30

フィリピンのスラムで学んだ一年間。-NGO でのボランティアを通して-

遠いようで近い国、フィリピン。大学を休学して参加したNGO活動で学んだのは、貧しい生活の中で笑顔を忘れない人々の強さと暖かさでした。ふだんあまり接することのないフィリピンという国と、日本とのつながりを改めて考える時間が持てたらと思います。

講師:豊田 合志(とよた ごうし)
東京学芸大学大学院教育学研究科在学中。洗足学園音楽大学生の頃から、NGOに興味を持ち、ボランティアを始めた。2007年3月から一年間、大学院を休学してフィリピン滞在し、NPO法人ソルト・パヤタスの現地インターンとして活動した。 2008年、国際ソロプチミスト川崎‐百合より社会ボランティア賞を受賞。 神奈川県立神奈川総合産業高等学校非常勤講師。
日時
2009年2月28日(土)14:00〜15:30
場所
川崎市国際交流センター ホール
参加費
無料
定員
先着200名
申し込み方法
1月26日(月)午前9時30分から(電話・FAX・Eメール・来館)
(財)川崎市国際交流協会
主催
民間交流団体連絡協議会
共催
財団法人川崎市国際交流協会
地球市民講座ゴミ山で生きる子どもたちチラシ